元気にするBLOG

訪れていただいた皆様を明るく、元気に笑っていただけるような記事を載せています。面白い画像や動画、ニュース、芸能、まとめ、twitter、5chなどを更新したいと思っています。
皆様に笑顔あれ!


    野生の子熊をペットとして飼っていたロシア人 骨にだけになって発見される



    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

    【簡単に説明すると】
    ロシアの男性が野生の子熊を飼い始める
    ・男性と連絡が取れなくなる
    ・警察が捜索すると骨だけになっていた

    セイルゲイとクマ

    野生の子熊を家につれて帰り育てていたロシア人男性がとんでもないことになっていた。

    ロシアのチェリャビンスク州オジョルスクで狩りをしていたセルゲイ(41)さん家の前で骨だけになって発見された。

    セルゲイは、4年前に森の中で野生の子熊一匹を捕まえ、その子熊を犬と一緒に飼い始めた。セルゲイはクマに「メンブラー」という名前を付けてペットのように育てた。

    しかし、子熊はどんどん成長し野性味を見せ、たまに主人であるセルゲイさんを攻撃するようになった。これに対して周辺の人々は「熊を避難所に送れ」と勧めたがセルゲイさんは忠告を無視した。

    ある日セルゲイさんは、家族の電話にも出ず、近所の人も全く目撃しないようになった。行方不明の通報を受けた警察は、セルゲイさんの家に行くとクマの檻の近くに刻まれた血痕と骨だけが残っている遺体を発見した。

    一緒に飼っていた犬の2匹も骨だけが残った状態であり、クマは檻から脱出した痕跡が残っていた。
    警察セルゲイさんと犬がクマに捕まり捕食されたと見て、血痕の跡をたどって一帯を捜索してクマを見つけた。警察は現場で銃で熊を射殺した。

    警察は「檻は開いていて、クマが逃げた経路にも男性の物と思われる血と骨を発見した。発見したクマは攻撃しようとした」と説明した。また「住民の安全のためにクマを射殺した。これ以上の住民に脅威にならない」と述べた。

    一度人間の味を知ってしまったクマはその味を求めて人を襲ってしまうために即射殺しないといけないという。

    しかもセルゲイさんが飼っていたクマはヒグマでクマの中でも最も巨大で凶暴なクマ。北欧やロシアなどに多く生息する。

    セイルゲイとクマ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【野生の子熊をペットとして飼っていたロシア人 骨にだけになって発見される】の続きを読む


    永野芽郁ちゃんが30代だと思ってる人がいる!?ありえない…w



    【永野芽郁ちゃんが30代だと思ってる人がいる!?ありえない…w】の続きを読む


    2019年新成人になった、芸能人達の振袖姿が可愛すぎる!!


    橋本環奈ちゃんやっぱかわいいな…w

    【2019年新成人になった、芸能人達の振袖姿が可愛すぎる!!】の続きを読む


    「ホクロに目がいっちゃう有名人ランキング」あなたはだれを思い浮かべますか?



    ランキングー!」は10~60代の男女13,414名に「ホクロに目がいっちゃう有名人は?」というアンケート調査を実施。TOP5は以下のような結果となりました。

    【ホクロに目がいっちゃう有名人ランキング

    https://rankingoo.net/articles/empathy/20190104-2
    1位 千昌夫
    2位 宮沢りえ
    3位 深津絵里
    4位 竹内涼真
    5位 ムロツヨシ

    調査方法:10~60代の男女を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計(複数回答)。
    有効回答者数:13,414名 調査日:2018年10月7日

    ■みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイトランキングー!」
    サイト https://rankingoo.net/
    YouTube https://www.youtube.com/channel/UC3lxt7ZQnRbbJtdgEJ4UhnQ
    Twitter https://twitter.com/rankingoo_jp

    配信元企業:株式会社CMサイト

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「ホクロに目がいっちゃう有名人ランキング」あなたはだれを思い浮かべますか?】の続きを読む


    NGT支配人が異動で退任‥山口真帆の騒動で新たにわかったこと



    【NGT支配人が異動で退任‥山口真帆の騒動で新たにわかったこと】の続きを読む

    このページのトップヘ